自然エネルギーで生活する!eco情報から節約情報まで

私が毎日意識しているエコなことを毎日発信しています

小さなお子さんが居る家族必見!子育てのライフハック

子供を育てるのって時間も労力もお金もかかるためどんなに愛している我が子であってもイライラしてしまうことってありますよね。

でも、今の日常に役立つ子育てのライフハックを取り入れれば「あんなことにイライラしてたのがバカバカしい」とすら思えてしまう程素晴らしい子育てのライフハックが世の中には沢山存在しています。

ほんの一部の紹介ではありますが、この記事を読んで今日から心に余裕を持った楽しい日々にしましょう。

 

心に余裕が持てるおすすめライフハック

オムツを洗濯しちゃったら柔軟剤で解決

急いでいる時に限って使用したオムツも一緒に洗濯してしまい、自己嫌悪に陥ってイライラすることってありますよね。

そんな時は一呼吸してもう一度再洗濯しましょう。

2回目の洗濯時は洗濯洗剤は入れずに柔軟剤だけを入れて回します。

するとオムツのポリマーが1つも残らずキレイに取れますよ。

 

時間がない日はポンセンで解決

離乳食初期の食事って時間をかけて作っても全く食べてくれず泣く泣く捨てるってことありますよね。

大量に作って冷凍しておくのが時短になって良いとは分かっていても、作って・小分けにして・冷ましてという工程をするには十分な時間を確保しなくてはなりません。

一口しか食べない日が続いたり、冷凍のストックがない急ぎの時はポンセンにお湯をかけて食べさせましょう。

ポンセンの原材料は国内産の有機玄米ですし、食塩はシママースなので安心して子供に食べさせることができます。

これならすぐに完成する離乳食なので忙しい日や冷凍のストックがない時に助かるのはもちろん、一口も食べてくれない日でもイライラすることはありません。

 

少し面倒だけど使える料理のライフハック

大人がやっていることに興味を持ち始める年齢になると実際にそれをやるまで気が済まない子が多いですが、リスクがあることはまだやらせたくないのが親心ですよね。

ですが1つのフライパンに取り外しができる取っ手をつければリスクも軽減され、口出しをすることもなく親子で楽しみながら料理をすることができます。

フライパンの取っ手は子が持ち、取り外しができる取っ手を親が持てば「気をつけなさい!」「危ない!」などと強く言ってしまうこともありません。

自分がやればすぐに終わる料理だからこそこうしたやり方は少し面倒ですが、やらせてあげることで子供の感性を豊かにするチャンスや経験だったりします。

通販サイトでも取り外しができる取っ手は販売されているので参考までに…

Amazon.co.jp: フライパン 取っ手

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「その手があったか!」「もっと早くから知りたかった…」と思っていただけたのであれば嬉しいです。

洗濯や食事は毎日やらなくてはいけない家事なので避けては通れません。

だからこそ少しのイレギュラーが起きてもへっちゃらに過ごせるように良い意味で手を抜いた子育てがすごく大切になってきます。

親が常にイライラしていては子供は悲しい気持ちになります。

工夫という名の手抜きを取り入れながら家族が笑顔で、心に余裕の持てる毎日にしましょう。

児童発達支援とは?

児童発達支援とは?

障害を持つ6歳未満の子供を支援する施設は、以前からありました。しかし施設は障害別に分けられており、支援を受けたくても受けられない状態だったのです。そこで2012年に法律を改正。支援を受けられやすくなりました。
施設は主に2種類わかれています。児童発達支援センターは、地域支援を承っている施設です。幼稚園や保育園とも連携し、支援を進めます。松本市にある施設(https://www.lino.co.jp)は、児童発達支援事業所です。療育をおこない、家族にも手を差し伸べていきます。

児童発達支援の対象は?

児童発達支援の対象は、療育の観点から支援が必要と認められた子供です。簡単に言えば、「今のままでは社会生活は難しいから、順応できるように支援する必要がある子供」です。障害者手帳が発行されている子供は、あてはまるでしょう。もちろん、手帳を持っていない子供も通うことは可能です。
専門家の意見書・障害児童書給付費支給申請を一緒に提出し、「支援が必要」と認められたら通うことができるでしょう。

支援の内容は?

では具体的に、どんな支援を受けることができるのでしょうか。松本市の児童発達支援施設(https://www.lino.co.jp)を例に、ご紹介します。
施設では集団適応プログラムを通じて、団体行動ができるように支援をおこないます。発達障害の場合、大人しく話を聞くことは難しくなります。人の気持ちを察することも、難しいことです。そこで遊びを通して人と触れ合い、人が何をどう思っているのかを学習するのです。小難しい勉強ばかりではないので、子供も喜んでくれることでしょう。

支援を担当する人は?

担当するのは、専門的な知識と経験を持つスタッフ達です。児童発達支援管理責任者は、利用児童の支援計画作成を担当。子供をモニタリングし、親御さんとも相談した上で計画を作成していきます。保育士や社会福祉主事任用資格を取得している人物が務めるので、何の問題もございません。
障害に関しては、育て方云々はほとんど関係ございません。1人で抱え込むよりも、しかるべき支援を受けて将来に繋げていきましょう。

勉強嫌いの子供を持つ親御さんへ

子供を注意しても勉強はしない

「勉強しなさい!」と注意をして、素直に勉強してくれたら苦労はありません。注意をされた子供は机に向かなくなり、漫画やゲームに夢中になるのがオチです。かといって、何も言わないでいると余計に勉強しなくなるもの。親としては頭が痛い問題です。
いくら注意しても勉強しないなら、学習塾へ行かせる方法があります。学習塾へ行けば成績が上がり、受験も有利になるでしょう。しかし塾は行って楽しいものではありません。楽しくない場所に無理やり行かされては、勉強嫌いを促進させるだけです。

勉強しなくても将来に不安なし!

勉強が嫌いだからとはいえ、心配は必要ございません。そもそも、学校があるのは佐賀だけではないのです。福岡に行けば、もっと大きい学校はあるでしょう。大阪や東京に行けば、選択はかなり広がります。勉強できないのならば、勉強ができない人の学校は存在しているのです。
しかし行ける学校が限られると、将来はかなり限定されるでしょう。もし将来的にやりたいことがあるのなら、勉強は必要です。

どんな生徒にも対応してくれる学習塾

佐賀にある学習塾では、どんな生徒も対応します。他の塾では成績不良で見捨てられてしまった生徒でも、問題ありません。そもそも学習塾は、勉強をするための場所です。勉強ができない場所になってしまうのは、言語道断です。無理なく楽しく勉強に取り組むのが、本来塾のあるべき姿といえるでしょう。
もちろん名門校を目指すコースも、設置されています。合格を掴むのは、簡単ではありません。でも学習塾でしっかり勉強すれば、難しい合格もものにできるでしょう。

塾に行きたがらない子供も大丈夫

最近は塾に行きたがらない子供も増えてきました。塾に行きたがらない理由は、人それぞれです。考えられる理由としては、学習塾が身に合わなかったことでしょう。勉強に置いて行かれてしまえば、やる気は自然と削がれるものです。
佐賀の学習塾なら、勉強で置いて行かれることはありません。あくまでも生徒主導の下で、勉強を進めることになります。個別指導も承ってくれるので、安心して勉強に取り組めるでしょう。

中古物件をリフォームして山口市に素敵な住まいを作ろう

リフォームにより素敵な住まいを作る方法

素敵な住まいを作りたいとき、新築で建てる以外にも方法があることをご存じでしょうか。
安い中古物件を購入して即座にリフォームすると、理想的な住まいを作れながらも費用面ではお得になる場合があるのです。
費用対効果はもちろんケースバイケースとなり、十分な比較検討が必要ですが、方法の1つとして知っておくといいでしょう。
中古物件とリフォームを行っている事業者が多数見つかる山口市でも使える方法です。

中古物件を購入後に即リフォーム

中古物件は新築よりも安いのが特徴ですが、すでに完成している物件ですから、間取りや設備などが希望とほど遠いことも珍しくありません。
しかしその点は購入直後にリフォームすれば調整できますので、その他の点で問題ない物件があれば購入し、即座に工事を行うのです。
既存の造りや設備は少なからず消耗しているのが普通ですので、そのリフレッシュにもなり、中古だと感じさせない気持ちいい住み心地を実現できます。
工事にかかった費用を合わせても新築物件より安くすむ場合があり、費用面でもお得です。

中古物件を活用する際の注意点

希望する造りや設備、物件との相性などにより、新築物件よりもかえって費用がかさむ場合があります。
中古物件をリフォームして使うと必ず安くすむとは限りませんので、計画の段階でしっかりと比較検討してください。
また、物件の基礎部分や構造部分の傷みまではリフォームでも回復できませんので、居住性を保つ前提となるこれら重要部分にひどい傷みがないか、購入前によく確認することが大切です。

リフォームを行う事業者と相談しながら手続きを進めよう

その物件で希望するリフォームができるかどうか、その際の費用など、一般人ではなかなかわからない部分があるため、リフォームを請け負っている事業者と相談しながら中古物件を探すことが大切です。
山口市を対象にしている事業者として、たとえば「末永建築」などがあります。
住まい作りに関して様々な依頼を請け負える事業者ですから、気軽に相談してみるといいでしょう。
このような事業者をはじめ、山口市を対象としてリフォームを請け負える事業者と相談しつつ手続きを進めると、中古物件を活用した素敵な住まいをお得に作れるでしょう。

 

水回りトラブルは自力で修理はできる!一応

自力で修理!

水回りのトラブルは、業者に頼らずとも自力で修理することができます。例えば水漏れです。理由はいろいろ考えられますが、多くは水道部品の劣化によるものです。
水道部品の劣化が原因であれば、新しい部品と交換するだけで修理は完了です。最も多いパターンが、パッキンの劣化です。パッキンとは水道や排水管の接続部分にある、ゴムのことです。パッキンだけなら100均でも売っているので、手に入りやすくなっています。家に工具がそろっているのなら、ある程度は自力で修理できるでしょう。

パッキン交換だけでも意外と難しい

しかし「パッキン」と一言言っても、いろんな種類があります。もし間違った種類のパッキンを付け替えてしまったら、水回りのトラブルは余計に酷くなるでしょう。種類を確認する方法はありますが、素人でできる範囲は限られています。
またパッキンだけの交換で済むのならいいのですが、別部分にトラブルの原因がある恐れも視野に入れておきましょう。原因が壁の中に埋まっている排水管にあるのなら、自力ではどうにもできません。

止水栓を止めるのは違う意味で難しい

水回りの修理を進める上でやっておきたいのが、止水栓を閉めて水を止めることです。止水栓を閉めないまま修理をすると、水浸しになってしまいます。しかし間違って他人の家の止水栓を閉めてしまうと、大惨事です。菓子折りを持って謝りに行っても、許してくれないでしょう。
自力で修理するには、どの止水栓が自宅のものかをしっかり確認しなければいけません。水回りの修理は、想像以上に大変な仕事なのです。

業者に任せよう

自力での修理がどうしても難しいのならば、業者に任せましょう。三重で水廻りの修理をするなら、松阪市にある業者(waterworks-you.com )がおすすめです。設立は2020年と生まれたばかりですが、技術は本物です。
また水回りの修理だけでなく、リフォームや空調工事も承っています。水回りのトラブルは、いつどういう形で訪れるかわかりません。「関係ない話」と思われるでしょうが、明日は我が身です。万が一のためにも、修理業者は抑えておきたいものです。

津山でも利用可能!専門的な清掃サービスについて

個人で対応できない清掃やゴミの片付けについて

一時的に出た大量のゴミや、地域の回収に出せない特殊なゴミは、個人での対応が難しくなりがちです。
そのときは地域にある専門的な清掃サービスを利用するといいでしょう。
津山市でもこのような清掃サービスが利用でき、個人では対応できない清掃や片付けを代わりに行ってくれます。

専門的な清掃サービスについて

大量のゴミや不用品、地域の回収に出せない特殊なゴミをまとめて回収できるサービスで、さまざまな場面で利用できます。
たとえば引越しにあたって大量の不用品が出たとき、地域のゴミの回収に出していてはキリがなく、近隣の収集所にも自家用車などでは運びきれないこともあるでしょう。
そのときは、大型家具なども含めて不用品をすべて回収してくれるこれらサービスが便利です。
処分に困るゴミが出るのは、地域では回収していない事業系のゴミが大量に出る事業者などです。
こちらも専門サービスに依頼するとすべてスムーズに片付くことが多く、利用したい場面の1つになるでしょう。
このほか、家がごみ屋敷になってしまったときや、親族が亡くなったときに大量の遺品が不用品として残ったときなどにも向いているサービスです。

津山市で利用できるサービスについて

たとえば津山市横山にある有限会社クリーン衛生処理センターがこのサービスを行っており、依頼に応じてさまざまな清掃を行っています。
事業系を含めて不用品やごみを回収していますので、量や内容などから簡単に捨てられないゴミに困っているときには気軽に相談されるといいでしょう。
さらに特殊清掃や遺品整理にも対応していますので、親族の家がごみ屋敷になっていたり、大量の遺品をすべて片付けてもらいたかったりするときにも利用できます。
わからないことや依頼の相談など、何か気になることがあればまずは気軽に問い合わせるといいでしょう。

専門サービスを使ってスムーズに片づけよう

個人では対応が難しい大量のゴミや不用品なども専門のサービスを使うと短時間で片付きます。
どうすべきかわからない大量のゴミや不用品などに悩んだら、近隣の専門的な清掃サービスの利用を検討されてはいかがでしょうか。

 

キッチンや周りの収納のコツ

自宅のキッチンは、物が多くなりがちです。

細かい物がキッチン周辺に散乱していると、調理の邪魔になったり作業効率が下がってしたいます。

綺麗に整理整頓して取り出しやすいように、収納しておくと、維持しやすく調理の効率も良くなります。

ボックスに入れて整理整頓

キッチン周りで使うスパイスなどの調味料類はとても細かいです。

そこで、収納に使うと便利なのが収納ボックスです。

中でも透明なボックスを使うことで、中身が外から見えるため一目で何が入ってるか確認することが出来て、収納しているものが判断しやすく取り出しにも便利になります。

細かい食品関係や調味料など収納ボックスに細かく分けて整理整頓しておくことで、キッチン周りもすっきりとするメリットがあります。

収納ボックスには、様々な種類がありますが取っ手が付いているタイプだと、ボックスごとを取り出しやすいです。

中身が見えなくなりますが、カラーボックスを活用して色ごとに種類を分けるといった方法も可能です。

細かくて散らかりやすい物を種類別にまとめて収納できるのがボックス収納のメリットです。

収納ボックスでの収納ポイント

収納ボックスに種類別に収納した後は、ボックスの前面側にラベリングをするとさらに見やすくなります。

100円均一などで売っているラベルを使って、明示しておくとすぐに取り出しやすくなります。

特に調理をしている際に、調味料などを取り出す場合は効率が良くなります。

また、収納ボックスのサイズを選ぶ事で重ね置きで収納出来ます。

重ね置きをすれば縦方向の空間も効率良くスペースを使う事が出来ます。

さらによく使うものは、自分の目線の位置に収納したり使わないものは足元や高い位置に収納しておくと作業効率が良くなります。


URL:

ボックスで整理しよう!パントリーの収納のコツ|LIMIA (リミア)

まとめ

キッチンに使うものは、細かい調味料なども多くどこに何があるかきちんと整理整頓しておくと、常に綺麗に維持出来ます。

物も取り出しやすくなるため、調理する時間も大幅に低減出来ます。

収納ボックスは、100円均一などで手軽に購入することができて、現在ではサイズも様々なものがあります。

安くて便利な収納ボックスを上手く活用して収納しておくととても便利です。

綺麗にに収納する事で、様々なメリットがあるので実践すると良いと思います。